二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

料理教室

シュトーレン講座@日本製粉

日本製粉のシュトーレン講座に当選しましたので、行ってきました!
昨年も、日本製粉と日清製粉の両方のシュトーレン講座に応募したけど外れてしまい、
今年は晴れてニップンさんのに当選したというわけです。

複数日設定してあったけど、人気あるらしくてなかなか当選できないそーです。
なぜなら・・・お得だから。たったの1500円(普段のお教室は千円です)。
二人ひと組で作りました。

2010_1218_193841-P1010452

生地にマジパンやアーモンドプードルは入れず、あっさりしています。
お教室なのでうめはらのミックスフルーツを使っていますが、チェリーはないほうが美味しいと思います。

いつも自己流でテキトーに作っていたので、成形などとても勉強になりました。

雨の日に作りたいスイーツ@東京ガス新宿ショールーム

パークハイアット東京のペストリーシェフ、川内さんが講師のイベントに行ってきました。

東京ガスの新宿ショールーム内に体験クッキングコーナーというのがあって、
カウンターとテーブルに座って、川内シェフのデモンストレーションを見学するんです。

今回は、マンゴープリンとクリスプフィグタルト。ミニサイズの試食もありました。
s-2010年06月27日_Image074

いちじくのタルトは自分でも作ってみたいけれど、パートフィロを使うので
ちょっとハードル高いなと思っていたら、クオカで手に入るようです。

カスタードの作り方、よく理解できました。やっぱり実際にプロの技を間近で
見せてもらえるのは、いいですね!とってもいい経験でした。

味噌講座

初めて区の講座に参加してみました。手作りみその講座。
参加者は60~70代の女性がほとんどで、ちょっと意外。

ワタシは米味噌2回、白味噌1回仕込んだことはあるものの、
母も味噌を手作りしてはいなかったので、料理本の通りには
やっているもののこれで合っているのかどうか、水分量は
コレくらいでよいのかどうか、色々疑問があったのです。
なので、講座で色々確認できたらなーと思ったわけです。

結果、水分量はワタシが思っていたよりは多めで、
味噌を柔らかめに仕込んでいました。先生によれば
厳密に考えなくてもよくて、固めなら出来上がりが遅くなり、
柔らかめなら早く出来上がるとのこと。

ただ、東京の集合住宅住まいだと、保存に適した
冷暗所がないため、柔らかめに仕込んで完成させ、
冷蔵庫保存をするのがよいとのこと。
同じ理由で、大量に一年分を仕込んだりせず、
少量ずつ年に数回作るのがベターだと。

ちょっとしたことですが、料理本では分からない
ことを知ることが出来ました。

最後に、講師の先生が質問に答えていたのですが、
麹の購入方法として、「ネットで簡単に購入できるし
ここでも販売してます」とみやこ麹の会社の電話番号を
教えていましたが・・・

年配の女性がほとんどの参加者で、まずネット通販なんて
やらないだろうし、ただ電話番号を教えられても少量の
麹を買うだけならかけにくいだろうなと思ったら案の定、
同じテーブルのお婆ちゃん二人が困ってました。

みやこ麹ならデパートや大型スーパーには必ず置いてあるし
近所の○○スーパーにもありますよ、富沢商店の麹は冬季しか
置いてないけど冷凍保存できますよ、と教えてあげたら
「豆はどこで売ってるの?」とさらに質問されて、びっくり。

以前、北海道物産展で豆をあれこれ購入したワタシに
お店の二十歳そこそこのお嬢さんが「お若いのに豆を
ご自分で煮るなんて、偉いですね」と言ったのです。

そのときは「???」と不思議でしたけど、
自分で豆を煮る人が減っているのですね。。。

母より年上の女性に、「乾物屋さんにありますし、
スーパーでもワカメや海苔のコーナーにありますよ」
と教えてあげるのは、不思議な感じがしました。

桜あんのトラ焼きと団子

2度目の料理教室。東京ガスの新宿ショールームで。教室の場所の違いなのか、前回とは異なり生徒の年齢層が幅広い!男性もいました。本日の課題は、桜餡のトラ焼きと、団子二種。これは、先生の見本。あ、左上のは毛糸のニセモノです。
img20090211.jpg


四人一組で作るところ、欠席者がいたようで三人。お姉さんが一人でさっさと始めちゃったので、ワタシはおばあちゃんと一緒にとら焼きの皮に取り掛かる。全卵を泡立てるのだけど、背中の曲がったおばあちゃんにさせるわけにはいかない!前回はほとんど役に立たなかったあてくしだけど、今回は頑張らねば。と気負ったものの、どら焼きの場合はほんの少し泡立てればいいだけ。

東京ガスのピピットコンロの機能を駆使して出来上がったのはこれ。
img20090211_1.jpg

お団子がかなりいびつですが。。。大事なのは、味。見た目じゃありません。と気を取り直して試食。かったーい!まづ。。。

とら焼きはまあまあ。わら半紙に乗せて焼くと、とら柄が出来ます。オサレですが、普通のどら皮よりパサついた感じになるかも。でも、ひっくり返すのは楽。わら半紙ごとひっくり返せばよいから。普通のどら皮だと、ひっくり返すときにどうしてもフライ返しの跡が付いてしまったりするのです。ぶきっちょなアタシだけかも。

それにしてもピピットコンロって本当に機能満載なんですね。うちも一応ピピットコンロですが、賃貸だし4年前で全口安全センサー規制もなかったときだからそんなに機能は付いてないと思うのだけど(機能を使ったことがない!)、ショールームだけあってスゴイのです。湯沸し機能とか、タイマーとか温度調節とか、勝手にご飯を炊いてくれちゃったりとか。小さな液晶で、コンロ3つとグリルの確認ができるのです。ほんと、すごい。

モアールショコラ

生まれて初めて料理教室というものに行ってみました。東京ガスの。
img20090208.jpg


作ったのはフルーツグラタンとモアールショコラ。どちらも浅草ビューホテルの土屋克巳製菓料理長のレシピ。フルーツグラタンは教室で食べておしまいだったので、写真なし。シャンパーニュが効いていて美味しかったけど、「果物は生でそのまま派」なのでわざわざ家では作らないかな。

モアールショコラとフォンダンショコラの違いの分からないワタシでしたが、先生に質問するのを忘れました。誰か違いをおせーてください。

フルーツグラタンは6人で作ったので、ほとんど実習ではなし。ショコラは2人で組んだのでバッチリ。と言いたいところだけど、このお教室、電動ミキサーではないのです。自力で泡立てたことなど無い私は、全卵の泡立てで1分もすると腕がぷるぷる。一緒に組んだ若い女子がほとんど泡立ててくれますた。あたしの二の腕のほうがずっとタクマシイのに。。。

作り方は意外と簡単でしたが、味は本格的。とっても濃厚です。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ