改めてファンケル銀座スクエアに行き、糖化測定してもらいました。

恐ろしいことに、 54歳という結果が!!
 
54歳の健康な人の平均値ということです。

私の現在の状況は健康ゾーンではなく、注意ゾーン。
しかも、かなりレッドゾーンに近い注意ゾーン。

そして、このまま改善しないでいると、69歳にはレッドゾーンに入ることに。。。

つまり、病気になるということです!!

この夏から、糖質を減らして改善しているのですが、
長年の蓄積がこの恐ろしい結果を生み出しているのでしょう。

母がお菓子やパンをよく焼いていたので、
子供の頃からAGEsの多い食べ物をとっていたし、
炭水化物も大好きだから食後血糖値も高かっただろうし、
運動も大嫌いだし、今思えばAGEsを作りやすく、溜めやすい生活だったのですよね。。。

糖化は美容の問題だけでなく、認知症やがん、骨質の低下、 などなど
様々な健康上の問題を引き起こす可能性が高くなるのです。

ただ今、この2冊で勉強中です。