二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2010年11月

奈良の旅3日目 その2

午後は、浄瑠璃寺へ。京都なのですが、近鉄奈良駅からバスで30分もかからず着きました。

のどかです。
1129030 浄瑠璃寺

1129037 浄瑠璃寺

1129042 浄瑠璃寺


本堂には、9体の阿弥陀像と、秘仏の吉祥天女像が開帳されていました。
1129055 浄瑠璃寺
とても愉しみに行ったのですが、堂内はとても暗くて・・・
視力が悪いせいか、暗いとさらに見えない。困ったもんです。
堂内の四天王の2体は国立博物館へ出張中なのですが、
何度か東博で広目天を見ていて、他の四天王を見るのも愉しみにしていたのですが。。。


バスで奈良に戻り、最後にまた東大寺へ。

大仏殿、戒壇堂、法華堂をまわります。
1129074 東大寺大仏殿

名残惜しいですが、来年もまた来たいと思います。


帰りの新幹線の中で、ひょうたろうの柿の葉すしをいただきました。
1129101 ひょうたろう
美味しかったけど、全部鯖なので飽きちゃった。8個入りは全部鯖なのです。
鮭と鯖が両方入るのは10個入り~なのです。
妹と合わせて所持金二千円だったので8個入り900円しか買えなかったのです。
次回は財布の中身を確認して、ぜひ10個入りを手にれたい!


奈良の旅3日目 その1

奈良の旅、最終日。

まずは薬師寺へ。

 中門
1129001 薬師寺

 国宝の東塔。これから、大修復工事に入るそうです。
1129003 薬師寺東塔

 西塔
1129010 薬師寺西塔


金堂では国宝の薬師三尊像にお会いしました。写真や映像で見てもうっとりする
美しさですが、実物はどれだけ見ていても物足りないほど。

次に東院堂で聖観世音菩薩像にお目にかかりました。
言葉もないほどの美しさ。
優美で、力強さも感じられて・・・すみません、語彙が乏しくて表現できません。
自分の目でお確かめください。


 玄奘三蔵院伽藍
1129012 薬師寺

 玄奘三蔵院伽藍から、東塔(左)、西塔(右)を見る。ちっちゃいですね。
1129014 薬師寺


平山郁夫の描いた大唐西域壁画を見た後は、すぐ近くの唐招提寺へ。


 平成の大修理を終えた金堂
1129017 唐招提寺金堂
中央にご本尊の盧舎那仏坐像、右に薬師如来立像、左に千手観音立像が並びます。
どの像も迫力があって素晴らしいのですが、如宝の作った千手観音像が気になります。
なんというか、とってもかわいいのです。5mもあって大きいのに、かわいい。

 戒壇
1129020 唐招提寺戒壇


奈良公園に戻ります。

 鹿がいない、奈良公園
1129063 奈良公園
おととい昨日も、9月に比べて鹿が少ないなーと思っていたのですが、
月曜の今日はほとんどいない。月曜定休?

天極堂で葛とじごはん。平日ランチ限定だそう。
1129025 天極堂くずとじご飯
葛とじごはんは薄味で、スープは塩っぱい。
奈良では、基本薄味で汁物だけ味が濃いのが傾向なのかしらん。
釜飯と同じくご飯も柔らかい。

 葛プリン
1129026 天極堂くずプリン
これは美味しかったですねー。ここでも、葛粉を買うとレシピの冊子を貰えました。


奈良の旅2日目 その2

長谷寺へ向かうべく近鉄吉野線に乗り込み、相変わらずピーチクパーチク
おしゃべりしてると・・・妹が「私のバッグに、・・・」と言うので、びっくり!

そのバッグが無いことに気付いたのです。

吉野駅のコインロッカーの中。。。

おしゃべりし過ぎて、バッグを持ってくるのを忘れてしまっていました。

吉野線って、一時間に2本位しかないんですよね。
次の予定は諦めて、妹の新幹線の時間まで吉野で過ごすことに。

朝一番よりもさらに吉野は混雑していて、ロープウェイに乗りきれないほど。
七曲坂を歩いて行きました。景色もきれいだし、歩いて行くのもいいですね。

実は、我々にはバッグ忘れた以外にも問題が発生していたのです。
財布がからっぽ。

私が千円ちょっと、妹が三千円ちょっとだったかな。
二人合わせて、四千円ちょっと。
おしゃべりばかりしていて、財布の中身も把握してませんでした。
どんだけ喋ってばかりいるんだーーー、という感じですが。
ほんとにアホな姉妹です。

それなりにお財布に入れてきたつもりだったんだけどなー・・・
旅に出ると、結構お金を使ってしまいますね。

そんなわけで、昼ごはんはやっこで柿の葉寿司。千円。
1128017 やっこ柿の葉すし

鴨うどん(千五百円)が食べたかったのですけど、帰りにひょうたろうで持ち帰りも
したかったので予算オーバー。ふたりで四千円ですから。
鯖と鮭と両方愉しめました。美味しかった~。

前回の奈良の旅で、静かな場所でも騒々しくてプチノイローゼになった私ですが、
それはワタシの耳がいいせいで、ちょっと神経質だからかも、と思っていましたが・・・

店内で、妹が「やっぱりうるさいね」と。お姉ちゃんの話が聞こえない、と。

そう、東京で二人でご飯を食べている時と違って、声を張り上げないと
相手の声が聞こえないんです。特に、テーブルをぎゅうぎゅうに詰め込んで
いるわけでもなく、平均的な店内なんですけどね。
我々も、バッグ忘れるほど財布が空になっても気づかないほど喋りまくっていて
言うのもなんですが、やっぱり声が大きいのは間違いないと思います。

帰り道のひょうたろうでまた柿の葉寿司を購入し(翌日食べる分)、七曲坂を下る。
途中で妹が「何回曲がった?」と。相変わらずおしゃべり三昧なんだから、わかんない。
次回訪れるときには、必ず数えたいと思います。。。

帰京する妹と、途中の橿原神宮で別れ、私は長谷寺へ。
本当は、バッグを忘れなければ妹と長谷寺まで一緒に参拝し、
私は一人で室生寺に行く予定でした。
が、時間的にもう室生寺は無理なので長谷寺だけでも。

参道からして、今までお参りした奈良のお寺とは違いますね。
ものすごく活気があります。参拝客の雰囲気も全然違います。
なんていいますか、現世利益に満ち溢れが感じがします。

1128019 長谷寺

人。人。人。溢れかえってます。
1128022 長谷寺

本堂です。特別公開をしていて、本堂の内陣に入って、10メートルの観音様の
足に触れることができるのだそーです。
1128026 長谷寺

では私も・・・と受付に向かったら、目の前で終了の立て札が!
がーーーん。参道の店を覗いたりしないで、さっさと来るべきだった。

気を取り直して、礼堂から拝み、広い境内を散策します。

1128028 長谷寺

1128038 長谷寺

今日もいっぱい歩きました。

奈良の旅2日目 その1

今朝も早起きして、6時の電車で出発です。
目指すは、今回の旅の目的、蔵王権現に会うために吉野です。

9月に一人で訪れた時は、吉野がとてもとても遠く感じられたのですが、
妹とおしゃべりしているとあっという間。日頃から、割と電話やメールを
しているので積もる話はないはずなのに、なぜこんなに話すネタがある??

紅葉シーズンということもあるだろうし、秘仏蔵王権現の開帳期間が12/9までと
間近に迫っているためかロープウェイも大混雑。詰めて乗って、ぎゅうぎゅうです。

ロープウェイを降り5分ほど参道を歩くと、金峯山寺の仁王門です。国宝。

s-1128003 金峯山寺仁王門

阿形の金剛力士像
s-1128006 金峯山寺仁王門

吽形
s-1128005 金峯山寺仁王門


仁王門を抜け、蔵王堂へ。
s-1128014 金峯山寺蔵王堂

内部の柱は、檜や杉、松など様々な材木で作られているそうなのですが、
中にはツツジもあります。ツツジって・・・よく公園に植えてある、あのツツジですよね??
柱にできるほど大木になるとは知りませんでした。

内部に入ると・・・大混雑です。
蔵王権現に対面するために列に並び、順番を待ちます。

我々の番になり、間近に拝見します。 ※写真は借りものです。撮影禁止。
201011_29_68_f0215268_16225428

前回訪れた時は堂内もとても静かで、心静かに向かい合うことができたのですが
どうも今回は雑念が多く、集中できませんでした。
それでも、またお会いすることができ幸せな気持ちになりました。

前回ふらっと訪れた時、山伏なら聞いたことはあるけれど修験道ってナニ??
という無学ぶりでしたが、蔵王権現を目の前にしてとても素直な心持になり、
涙が溢れ、何を感じたのかうまく言葉にできないのですが、こうして呼びかけて
もらったのだからと東京に戻ってから「蔵王権現入門」「はじめての修験道」
読みました。わたしにもとても分かりやすかったです。それでも、分からないことだらけですが。

「蔵王権現入門」に三世護身乃柵のことが書かれており、信仰心もない人間なのに
よいのだろうか・・・と迷いましたが、せっかくの機会なので授けていただきました。
過去世・現在世・未来世の三世を一生お守りしてくれるそうです。
お守りのたぐいは一切持っておらず、護身乃柵も、お守りしていただくために
というより、蔵王権現と繋がっていたいというような気持ちからです。

護身乃柵は、蔵王堂のお守りをいただけるところには置いてなくて、
寺務所で授けていただけます。

蔵王堂を後にし、脳天さんへ。脳天さんは蔵王権現の変化身なのだそうです。
前回は、パンフレットなど全て置き忘れて出てきてしまったので、知らずに
帰ってきてしまいました。手持ちのガイドブックにも出てこなかったし。

首から上の病気にご利益があるとか。
頭痛持ちなのでそれと、認知症になるのが何より怖いので、それもお願いしようかと
思っていたのに、つい、習慣で、何もお願いせずに帰ってきてしまいました。
日ごろ、信仰心のかけらもない日常を送っているのに、何かお願い事を
するのは図々しいなーと、いつもお願い事はしないのです。

脳天さん(龍王院)まで、400段だか500段だかの階段を下ったのですが、
帰りは登らなきゃいかん。これがきついのなんの。妹は、私がジョギングを始めてから
体力もついているだろうと勘違いしていましたが、元々の身体能力の低さを忘れとる。
すぐにぜーはー言って、妹にひっぱってもらいました(-_-;)

1128015 脳天さんへ

無事に蔵王堂まで戻り、吉野の山を下って長谷寺へいくはずが・・・

奈良の旅1日目 その2

午後は、一の鳥居から参道を歩き、春日大社へ。
摂末社もまわりながら、広い境内を散策。

その後、興福寺国宝館へ。入場制限するくらい、混雑していました。
セール会場並み。東金堂も見せてあげたかったけどタイムオーバー。

時間ぎりぎりに奈良博ミュージアムショップへ滑りこみ、ぬり絵を購入。
これは前回行ったときに妹にお土産にしたかったのだけど、
長期の休館に入ってしまって買えなかったもの。

菩薩様のぬり絵だったと思うのですが。。。
よく見もしないで渡してしまったので、写真でも撮っておけばよかった。

夕飯は、釜めしの志津香へ。奈良公園のお店は行列しているので、
大宮店へ出かけました。予約しておいたので、席に着くとすぐに運ばれてきました。

 七種釜めし
s-1127034 志津香

ご飯はかなり柔らかめ。そして薄味。そして、赤出汁はしょっぱい。
奈良って、椀物は味が濃い目な土地柄なのでしょうか。

お手頃でお腹いっぱい、居心地のよい店内でした。
個人的には、もう少しお米の粒が感じられる硬さなら、なおいいですね。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ