二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2009年09月

奈良旅行のお土産

宿の近くに、「ぜいたく豆本舗」という店があり、
豆菓子だけでなく、色々な商品が所狭しと置いてあって
あれこれと見るのが愉しい店でした。

でも、奈良のものばかりとは限らないので、
パッケージをしっかり見ないといかんのです。

間違いなく奈良名物、三笠山と葛で固めた羊羹。
s-09281.jpg
東京のどら焼きと同じようなものですが、この三笠山には
餡だけでなく薄く伸ばした求肥も入っていました。どっちも美味しい。


大阪では、梅田大丸でツマガリのクッキーも購入。
前回は詰め合わせを購入したのですが、ワタシの好みは
バターとナッツのクッキーと判明したので、そればっかり。
s-09282.jpg
可愛い店員さんに「どれほどツマガリのクッキーが好きか」力説してきました(アホ)


奈良のふきんが有名なのは知っていましたが、
ふきんなら頂き物が腐るほどあって買うつもりはなかったのです。

でも、奈良観光のガイドさんがお土産について色々語ってくれて、
それは食べ物から布巾まで有名処を網羅していたのですが、
どれも適切な解説で、それを聞き布巾を買ってみました。

ぜいたく豆本舗で白雪ふきん、奈良町の吉田蚊帳でならまちふきんs-09284.jpgガイドさんの説明では・・・とにかく吸水性が抜群、乾きも速い、
洗剤を使わなくとも汚れが落ちる、食器拭き台拭き雑巾と
格下げしていきながら長く使える、などなど。

実際に使ってみて、その良さを実感しています。
妹にも買ったのですが、「食器拭きが愉しくなった」そう。



遊 中川 本店で金封入れも購入。
s-09285.jpg
楽天ショップでも購入できるけど、実物を見て色を確かめたかったのです。

花衣を選びました。慶事にぴったりのステキな色です。
s-092860.jpg



亀屋友永の大納言松露。京都伊勢丹で購入。
s-09283.jpg
粒あん党のワタシにはたまりません!


会社用には、百万遍かぎや政秋の野菊を購入。
可愛らしい落雁なのですが、アーモンドが入っているので香ばしいのです。
自分用にも買っておけばよかった。

今回のお土産、どれも外れなし、でした。

奈良旅行3日目

最終日の今日は、京都に寄り道して買い物しようと思っていたのですが・・・

修学旅行生だらけでゆっくりと拝めなかった盧舎那仏が気になり、
再度東大寺へ。また、朝4時に起きちゃったし。

南大門へ向かう道を歩いていて・・・鹿の糞をきれいに掃除して
あるのに気付きました。人通りが多いのに、一体いつ?夜間?
どうやって?掃いて、拭く?

ヘンなことが気になります。。。


中門にいるこのお方も気になります。多聞天?
s-09271.jpg


足元は邪鬼ではないお方が支えてます。
s-09272.jpg
手元のガイドブックには載っていなかったので、帰宅後調べてみました。
兜跋(とばつ)毘沙門天と、足元を支えるのは地天女。だそうです。

幸い、修学旅行生は昨日より少なめでしたので、
心ゆくまで大仏様にお参りできました。


そして京都に移動、伊勢丹でお土産を購入し、昼のお弁当も・・・
と愉しみにしていた老舗弁当コーナーを覗いたのですが
置いてあるのは添加物たっぷりのお弁当ばかり。

老舗の料亭ばかりなんじゃないの?

置いてある中で唯一、紫野和久傳だけ添加物を使っていませんでした。
でも気になったのは車中では食べにくそうなものだったので、諦め・・・
別のコーナーで、ワタシの添加物チェックに付き合ってくれた
親切な店員さんのいる店で西京漬け弁当を購入。

気を取り直して、おやつも。仙太郎のぼた餅。
s-09273.jpg
東京でも買えるんですけど・・・材料に不安を持たなくて済むので。
刻んだ青紫蘇が入っていて、大人のぼた餅なのです。


家の猫が心配で、心配しながら旅行に行くくらいなら
行かなくてもいいやと思っていたワタシですが、
中学生以来に訪れた奈良はあまりに愉しくて時間が
あっという間に過ぎてしまって、また訪れたいなと強く思いました。

奈良のホテルはシングルルームが少なくて、一人旅には向かないのかなと
最初は思っていたのですけど、一人で仏像の前に立っているとお寺の人が
親切に色々と教えてくれたり、食事をしていても、買い物に行っても
店の人は親切だし、あれこれ会話が弾み、愉しい一人旅でした。

来年にでもまた・・・と思ったけど、来年は平城遷都1300年ですね。
人混みニガテなので、再来年かな。

奈良旅行2日目

朝の3時に目が覚めました。

寝足りないけど、自分の布団じゃないとよく眠れない。。。

朝ごはんをがっつり食べ、8時前には東大寺へ。

鹿の糞を踏まないよう歩くのは、タイヘンです。


南大門の金剛力士像。カッコイイ。
s-09261.jpg



金堂(大仏殿)。盧舎那仏はもうすぐ。
s-09262.jpg
それにしても、修学旅行生の多いこと!


次から次へと現れる、修学旅行生の集団。
大仏様をゆっくり拝むのは諦め・・・
大好きな多聞天をじっくりと。とっても強そう。
s-09263.jpg



お次は、戒壇院。さっきまでの喧騒が嘘のように、静かです。
s-09264.jpg
こちらには、素晴らしくカッコイイ四天王がいらっしゃいます。
当時は極彩色だったそうですが、色落ちした今は静謐な美しさを湛えてます。


法華堂(三月堂)にも立ち寄りました。
多くの素晴らしい仏像を従えている、不空羂観音。
目が3つある異形の仏像ですが、神秘的な美しさ。
参拝者が少ないのをよいことに、ずーーっと眺めていました。


東大寺を後にし、春日大社へ。
s-09265.jpg
東大寺からまっすぐ行けば近いのですが、駅近くまで戻り、一之鳥居より歩きます。


春日万燈籠
s-09266.jpg


さて。足も痛いことだし、今日はゆーっくりと東大寺と春日大社をまわって
終わりにするつもりでしたが、無駄に足の早いワタシ。まだ14時です。

ついでにこちらも歩いてみることにしました。春日山原始林。
s-09267.jpg
当初は原始林を一周するつもりでいたのです。
が、足底腱膜炎になってしまったため無理はせず、
水谷神社から春日山遊歩道に入り、若草山山頂を目指す短いコース。

人っ子ひとり、居ません。一人で歩くのは、ちょっと怖くなります。
ここは世界遺産。自然遺産ではなく、文化遺産。
少しは手が入っているようですが、太古の昔から変わっていないそうです。
s-09268.jpg
足が痛いといいながら、やっぱり無駄に足が早いので・・・

二組、あっという間に追い抜き、一時間ちょっとで山頂です。
s-092690.jpg


山頂にも、やっぱり鹿がいます。そこら中、糞だらけ。
s-092691.jpg
精霊がたくさん居そうな春日山遊歩道を一人でまた歩くのはちょっと怖いので、
帰りは、入山料を払って開山期間の若草山登山道を下ります。


最後は、奈良町界隈を散歩。
吉田蚊帳でふきんを、砂糖傳 増尾商店で和三盆を買いました。


本日の道中は全部徒歩ですので、昼ごはんもお替りまでして
たーんと食べましたけど、やたらとお腹が空きます。

帰り道、土曜日限定で作っているという豆大福の誘惑も。
s-092692.jpg
東京の豆大福の豆は、えんどう豆なのですが、
この大福はふっくら柔らかな黒豆なのです。

期待に胸膨らませて頬張ると・・・味が・・・しない。

味付けしてないわけではなく、中の餡はほんのり甘いのですが・・・

何と言ったらよいのでしょう。メリハリがないというか。

東京の豆大福は、塩大福でなくとも、ほんのり塩が効いているのです。


東京、巣鴨には塩大福を売る店がたくさんあるのですが(みずのが有名)
奈良の方が食べたら、びっくりしちゃうでしょうかねー。


本日の歩数、3万6千歩。
s-092693.jpg
相変わらずシチズンはちゃんとカウントしてくれない。

東大寺も夜のライトアップをしているので行きたかったのですが・・・
暗い中、鹿の糞を踏むのが怖くてあきらめました。

奈良旅行1日目

大阪に出向く用があり、翌日は休みを取って奈良に行きました。

中学の修学旅行以来です。

東大寺の大仏様と金剛力士立像しか記憶にありません。。。


まずは最初に会った鹿。興福寺五重塔前。
s-09251.jpg


興福寺の五重塔
s-09252.jpg
阿修羅様達は九州に出張中で不在のため、国宝館は覗かず、
東金堂を拝観。薬師如来様に足を治して下さるようお願いしました。


次は奈良国立博物館へ。
s-09253.jpg
建物もステキだし、立派な仏像がいっぱい。
ミュージアムショップも洒落てます。
仏足スタンプ、買っちゃいました。


そして午後は、奈良交通のバスツアーを利用して法隆寺へ。
たくさん歩いて足を酷使してはならぬので・・・
s-09254.jpg
あたくし、やたらと悪い夢を見てはうなされるので
夢違観音様にしっかりお願いしてきました。


次は、薬師寺。右の東塔はじきに修理に入ります。
s-09255.jpg


どことなく異国情緒漂うここは・・・
s-09256.jpg


玄奘三蔵院伽藍
s-09257.jpg
ちょうど、平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」が公開されていました。

歩かなくて済むから、という理由でバスツアーを利用しましたけど、
ガイドさんが車中からずっと、色々な話をしてくれるので
とても勉強になったし、充実した時間を過ごせました。

半日で回る急ぎ足のコースでしたので、また来る事があったら
時間を取って、ひとりでゆっくりと回ってみたいです。


宿に戻り、興福寺夜のライトアップのチラシを見つけちゃいました。
というわけで一息ついて、また興福寺へ。
s-09258.jpg


バスツアーを利用したのに、本日の歩数は2万5千歩。よく歩きました。

三合漬けと三五八漬け

漬けてからひと月近く経つ三合漬け。早速、卵ごはんに。
s-0921.jpg

青唐辛子の辛さがつんとくるのかなと思ったけど、
意外に、まろやかです。マイルドな辛さです。

かなり、美味しいです。

納豆のタレが嫌いなワタシは、納豆の味付けにも使ってみました。
すんごく、いいです。

そして奥に見えるのは、三五八床に漬けた人参ときゅうり。
これも、ヒジョーに美味しいです。
糀のうまみがいい感じです。

三五八床は作ってしまえば手入れも必要ないし、
簡単でオススメですね~。

野菜を漬けた後、その漬け床でブリを漬けるのですが、
これがまた、美味しいのです。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ