二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2009年03月

ラゴで豆かぼちゃカレー

もう、年度末。「とっとと仕事片付けてさっさと帰る」がモットーのあたしも、さすがにこの時期は定時では帰れませぬ。。。食事作る時間もなくなりますので、まとめて作っておきます。

金時豆と南瓜のカレー。ラゴちゃんで金時豆を煮て、その間にみじん切りにした玉ねぎをレンジでチン(炒め時間を節約)、フライパンでひき肉を炒めて玉ねぎも加え、それを煮上がった豆に投入してトマト缶とローリエ、カレー粉ほか調味料をテケトーに入れて煮込む。最後にレンジでチンした南瓜を加えて出来上がり。

ちゃんと玉ねぎは炒め、南瓜も素揚げしたらグンと美味しくなりますけど、まあ時間のない時はこれで十分でしょう。圧力鍋とレンジのお陰です。

img20090401.jpg

東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ演奏会vol.5

img20090405.jpg
東京バッハ・モーツァルト・オーケストラの最終公演は、モーツァルトが生きた時代の演奏会形式を再現するということで、3部構成3時間!

猫との枕闘争(後日書きます)で連日目覚めると首の痛いあたしはやっぱりこの日も。首肩が痛いと頭痛になっちゃうし、頭がボーっとしてイヤな居眠りをしちゃうのです。

筋弛緩剤を飲めばよかったのに忘れ、コーヒーは飲んでおいたけど、やっぱり2部まで居眠りしちゃいました。すんまへん。

ちゃんと聞いたのは、のだめのオープニングにも使われてた第3部のベト7。やっぱりいい曲ですねー。ただ、金管が音を外すたびにドキドキ。古楽器だと不安定なのでしょうか。木管の一部は頑張って欲しかった。折角のソロが勿体ない。

東京バッハ・モーツァルト・オーケストラとしての活動は終了ですが、クラシカル・プレイヤーズ東京と名称を変え、ロマン派をレパートリーとするそうです。

コンサトとは関係ないけど、東京芸術劇場のエスカレータはとってもコワイ!永田町半蔵門線のエスカレータはずんずん歩いて降りちゃうけど、ここのは無理。オープンになっている空間って、ほんと怖い。毎度、手すりに摑まって心臓ばくばくさせてます。そんなら階段かエレベータ使え、って感じですが「もう、平気になったかも」とチャレンジしてしまう。。。ばか。


<第1部>
W.A.モーツァルト 歌劇「ドンジョバンニ」序曲
歌劇「羊飼いの王様」からアミンタのアリアK.208
歌劇「魔笛」から
パミーナのアリア「ああ、わたしにはわかるわ、消え失せてしまったことが・・・」
夜の女王のレチタティーヴォとアリア「何を怒れるか」K.620
ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K.482

<第2部>
幻想曲ニ短調K.397
「すみれ」K.476
「ルイーズが不実な恋人の手紙を焼いたとき」K.476
「夕べの想い」K.523
グラスハーモニカのためのアダージョK.356、ジーグト長調K.574
ロンドイ短調K.511

<第3部>
ベートーヴェン交響曲第7番イ長調

指揮:有田正広
ソプラノ:番場ちひろ
フォルテピアノ:ピート・クイケン(使用楽器:J.ヴァイメス1809年製作)

粉雪シロップでケープ

久しぶりに池袋キンカ堂の毛糸売り場を覗いてみると、廃盤色や整理される冬糸が半額セールになってた。もっと前から始まっていたよーで、大抵の色が数玉で形になるほど残っておらず、ようやく見つけたのがダルマの粉雪シロップ。
img20090404.jpg

ナイロンとアクリルの糸ですが、ふんわりしていて肌触りはよいのです。着分には1玉足りなかったけど、ケープを編み始めました。

ダルマの冬糸って太糸が多く、モタモタと遅いあたしでも形になるのでうれしい。「はじめてでも編める」シリーズ本もたくさん出てて、初心者でもちゃんと完成させられるし。

コマドリ福袋第二弾

またまたコマドリさんの福袋。同僚たちの要領の悪さだかネット環境だか、どーも勝算がないので妹にまたお願いして二人で参戦。今度はあたしが勝ち取りました!
img20090404.jpg

前回と同じく40玉で5,500円です。ほんとにお買い得。

・アミアーモ オルセット No.90 10玉
・ダイヤ レント No.707 10玉
・リッチモア クレーター No.12 10玉
・ナチュラル No.108 10玉

夏物、編めやしないくせにイタリー糸クレーターが気になって。やっぱりステキな糸です。頑張って何かにします。着られるのは来年か再来年か。。。

同じくイタリー糸のオルセットはなんとも言えないスゴイ色合いですが、1,155円もするウール主体のよい糸です。でも、地味ーな日本人のあたしには似合いそうもなく、どう活かしてよいのか見当がつかないので、猫の爪とぎ用マットにしようかと思います。猫には豪華すぎるけど!

ナチュラルは綿100%の使い勝手のよさそうな糸なので、これはそのうち何かになるとして、ちょっとどうしていいか分からないのがダイヤレント。やたらとキラキラしてます。。。しばらくは箪笥のこやしですな。

毛糸の福袋

以前から欲しかったアベイル・コマドリさんの福袋、やっと買えた~。いつも種類はたくさん出るもののどれも1個か2個なので、同僚にもお願いしてみんなで頑張っても買えなかったのです。それが、妹にも頼んでみたら今度は買えちゃった。昔から運がいいやつで、福引とかしょっちゅう当てちゃうのです(宝くじは当たらないみたいだけど)。今までの一番の勝利品は、浅草商店街のハワイ旅行だったかな。

で、ずっと預かってもらっていた福袋を引き取ってきました。こんなにたくさん入っていて5,500円!本と毛糸40玉です。乱暴ですが1玉にすると137.5円。やすっ。
img20090404.jpg

・ダイヤ クレアトール No.606 10玉
・ハマナカ ブリリアン かすり染め 5玉
・元廣 チュレ 麻レーヨン 10玉
・ダイヤ ゴールド中細 10玉
・パピー ロベルタ・コンタリーニ No.245 5玉

狙っていたのはコンタリーニが入っていたから。1玉1,300円もするのです!

福袋には普段なら選ばないような色が入っているので、ブリリアンはどうしようかと思いましたけど、バッグにしようかな。小物なら派手な色でもいいしね。

クレアトールも普段なら買わない色ですけど、とてもいい糸です。ワンパターンになってしまうあたしにはいいかも。10玉あるし何かウエアにするのがいいでしょうね。さて、いつ形になるやら~。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ