二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2008年07月

北区立新中央図書館

子供の頃からお世話になっている地域の図書館が別の地に移動し、新しくなりました。ただの区立の図書館なのに、職場でも話題になっていてびっくり。なんでも、検索システムがすごいのだとか。ふーん。

img20080809.jpg

自衛隊の施設だった赤レンガ倉庫と、新しい建築が合体しています。右に写っているのが、自衛隊の十条駐屯地。陸・海・空の3つが一緒になっているのは全国でも珍しいらしい。ワタシはここの食堂が気になります。なんとなーく自衛隊の食堂は美味しそうなイメージが。。。

図書館の館内はこちらに詳しい添付ファイルがあります。⇒

新しい図書館は、区にこんなにお金があったの?!と驚くほど立派でお洒落な施設。やたらと閲覧席があります。PCコーナーやグループで利用できる席、個室などもあるらしい。自動貸出機もある。って「自動」の意味がわからん。セルフ貸出機ってことだよね。

そんな立派な図書館に、子供とサンダル履きのおじさんがうじゃうじゃ。旧中央図書館だとサンダルに短パンでも違和感なかったんだけどね。


img20080809_1.jpg

そんな立派なハードの中身はというと。。。変わらない。置いてある本は同じ。当たり前か。

でも、本は変わっていなくても書架が増えたので、本があちこちに散在。まとめて置いてくれないと探しづらいよ。この書架が埋まる日はいつ?













大して本が代わり映えのしないこと確認したら、あとはお茶するのみ。

img20080809_2.jpg

なんと、喫茶室があります。スペースの3分の1くらいが、無料スペース。自動販売機で飲み物買ってくつろげます。

残りの部分が、「赤煉瓦カフェ アトリエ・ド・リーブ」。本店は白金にあるのだそう。

区立図書館の中の施設なので、セルフサービスかと思ったらフルサービスです。












img20080809_3.jpg

フロマージュ・ブラン400円とカフェラテ300円。ケーキセットは50円引き。

お皿まで冷え冷え。ケーキも非常においしい。ケーキには特に力を入れているとのこと。


心配なのは。。。客がワタシ一人だったこと。無料スペースは人がぎっしり入っているのに。

採算取れないので撤退、なんてことにならなければいいのだけど。

軽食メニューもあります。⇒

だらだら

暑中お見舞い申し上げます
img20080809.jpg

土用の丑の日

【ヨーグルトジャーマニー/577円/ロイヤルホスト】img20080803.jpg

合成抗菌剤だとか発ガン物質だとか産地偽装だとか問題が多くて、「これは大丈夫だろうか」などと心配しながら食べるのも面倒なので今年はまだ鰻を一口も食べてない。でも、明日は土用の丑の日。ウナギ、食べたいなー。

同じくウナギ好きの上司1号に「明日あたり、ウナギ食べたくなりませんかぁ」と声をかけると「ウナギよりもっとゲテモノがいいだろ。マイケルには。馬刺しがいいんじゃないか」とはぐらかされた。マイケルじゃなくって、あたしが鰻食べたいんだってば。ちなみに、マイケルというのは米国から来たインターンの18歳の男の子。

そして土用の丑の日当日。マイケルを連れてランチから戻った上司1号。にやーっと笑いながら「ウナギ、食ってきた」ですと!許せん!

馬肉料理屋に行く予定が、時間が足りないことに気づき予定変更したというのが真相らしいけど、あんなに嬉しそうに報告しにこなくたっていいじゃないの。ぷんぷん。絶対、晩御飯はウナギにしよっ。

のはずが、今日の夕飯は写真のパフェ。ファミレスは何年ぶりかしらん。急に、休職中のKさんに会う事になり、お家の近くにここしかなかったから。意外に美味しかったけど。

キューショクチュウ

img20080730.jpg
先日受講した労務問題のセミナーで、ここ数年精神疾患による休職や労災申請の数が激増しているという話を聞いたのだけど。

うちの会社もそう。今日からKさんが休職。2週間ほど前からぽつぽつと休んではいたけれど、まさか休職とは。

パートアルバイトも含めるとこの3年で4人目の休職。社員が大勢いる大企業なら多い人数じゃないけれど、うちは零細企業。割合からいったら、多過ぎ。

Kさんは病気のお母さんがいるはずだし、辞めずに踏ん張ってほしいところだけど、零細なだけに異動や配置換えも難しいし。どうしたもんか。


写真のたい焼きは、100円ショップダイソーの猫のおもちゃ。100円ショップってこんなものまで売っているんですねー。差し入れ魔Yさんの机になぜかあり、野良猫と遊ぼうと思って買ったらしいのですが、代わりにワタシが早速試してみると遊び慣れていない公園猫は驚いて逃げちゃいました(^^;) 我が家の姫達用にも買ってきてもらったのですが、うちの猫は面白いほど釣れます。

閉めるべきか、閉めざるべきか

img20080730.jpg
言いたかないけど、暑い。冷え性のワタシも、さすがにこの時期は暑い。猫たちの毛も徐々にカットしていますが、冷房ナシの部屋ではノビてます。。。

ちなみに写真のひんやりマットは、ワタシの手作りであります。猫を飼い始めて、「ネコのための手作りグッズ100」という本を購入したものの、作れたのはコレだけ。100点も載っているのに。不器用でイヤになります。

猫たち、この季節は床に、行き倒れのようにただゴロゴロ転がって一日の大半を過ごすのですが、ワタシが寝るときと目覚めたときだけはいつものよーにベタベタ寄り添ってくれマス。可愛いけど、やっぱり暑苦しい。

そして、この暑苦しい猫たちも、あたしも冷房が苦手。会社でガンガンに冷やされちゃうので、せめて家では解凍しなくては。幸い、今の部屋は風通しがよく、屋上も緑化されているらしいので冷房ナシでもなんとか過ごせちゃうのです。

そんなわけで、寝るときもベランダの窓を開けっ放しにしていたのですが、ブログ友達のnyamiへいさんが泥棒に入られたと聞き、いつものよーに寝たもののなんか眠れない。うちは4階だし、ベランダも人目に晒されているので昼間の空き巣は考えられないけど・・・夜はどうだろ?泥棒は入りにくくても、隣近所のベランダからは簡単に入れちゃう。ご近所さんを信用してないわけではないけれど。何かあってからじゃ遅いし。

とゆーわけで、それから寝るときは窓を全部閉めて、でもそれじゃ暑くて眠れないのでエアコンを30度設定にして寝ているものの、毎日お腹が痛い。実は、寝室のほとんどを防音ボックスが占めていて、それはどういうことかと言うと「部屋in部屋」みたいなことで、そのちょっとの隙間にベッドを押し込んでいるので、エアコンはベッド分の広さだけガンガン効いてしまうわけです。ベッドのすぐ上にあるエアコンが吐き出した冷風を、すぐ横の防音ボックスの壁が跳ね返し、寝ているあたしを直撃するという寸法です。いくら30度設定でも、いくら弱風にしても、調子が悪くなる訳だ。お腹が痛いだけじゃなくて、睡眠も浅くて、朝からすんごく疲れてるし。

そんなヨレヨレのワタシを職場の人が心配して聞いてくるので「かくかくしかじか」と話すとみんな、「信じられなーい」だって。今まで窓を開けて寝ていたなんて信じられないって。あ、やっぱりそうなんだ。でも、窓を開ければ快適なのが分かっていて、それが出来ないってのはツライわ~。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ