二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2007年01月

うな重@うな正

【うな重/うな正/王子img20070204.jpg

王子近辺の鰻屋さんの中では一番美味しいんじゃないかと思うけど、場所が悪いのでいつも空いているのです。。。

川冶よりもずっと美味しいのですけどねぇ。建替え前の古い建物は風情があってお客も多かったのだそうですが。。。

飛鳥山の花見の際には是非。
都電の飛鳥山駅を降りてすぐ左。

カイザー・シュマーレンと苺ジャム

img20070128.jpg先日、出勤前にはなまるマーケットを見ているとカイザー・シュマーレンが出てきた。以前にも紹介したけど、苺ジャムがあいますよーというお話。またアクセス数が激増するんだろうなと思っていたら、案の定。まだ検索してくる方がいるようなので、早速あたしも試してみました、苺ジャム。

番組では自分で苺ジャムを作って、それを出来上がったカイザー・シュマーレンとあわせるとのことでしたが、ちょうど戴き物の苺ジャムがあったのでそれを使ってみました。

・・・。不味い。

その市販のジャムは甘酸っぱいジャムではなく、ただただ甘いジャムだったので合わなかったでしょう。きっと、手作りの酸味のあるジャムならOKかと。

カイザー・シュマーレンの作り方はこちら

豆大福@松露ことぶきや

【豆大福/松露ことぶきや/東長崎】img20070128.jpg
妹に貰って初めて食べましたけど、ここの大福も美味しい。塩加減、餡子のバランスが絶妙。

4ヶ月ぶりに会った姪っ子はもう1歳半。この間あった時には意味不明の言葉をつぶやきながらよちよち歩いていたけど、もうかなりの言葉を覚えて元気に走り回ってました。子供の成長って早いのね。。。赤ちゃんの頃も勿論可愛かったけどそれは人形や縫いぐるみのよーな可愛さなわけで、言葉を発し表情豊かに動き回るようになり可愛さ倍増。それに面白い。。。夕飯を一口食べるごとにリアクションがあり、驚く。ちょっと変わっているのか、ひじきが大好物。母親にひじきを要求し、口に入れてはニヤリと上目遣いをしてみたりとかなり芸達者!?

第464回「落語研究会」

img20070128.jpg「あくび指南」 鈴々舎わか馬
「強情灸」 三遊亭歌武蔵
「藪入り」 春風亭正朝
「代り目」 橘家圓太郎
「ちきり伊勢屋(下)」 柳家さん喬

3回連続のちきり伊勢屋は今宵でおしまい。寄席じゃかけられない噺を聞くことが出来、定連席を買っておいて良かった。

大して美味しくないフルコースのシャーベットみたいな口直しの役目、なんて言った圓太郎師匠の代り目が面白かった。客席も沸いていたし。

来年度の定連席の発売は、2月中頃にTBSのHPで発表されるそうです。

ハケンの品格

img20070128.jpg以前は派遣社員として何社も経験したことあるし、入っているCMの派遣会社で働いたこともあるあたくしとしては、突っ込みどころ満載のドラマだけど、やたらと説得力のある篠原涼子に圧倒されながら見ている「ハケンの品格」。あたくしが派遣社員だった時は、どこの会社でも「ハケンさん」なんて呼ばれることはなかったし、雑用をさせられることもなく、差別的な扱いもなかったし、社員とは給料以外に差はなく働けていたけれども、他のスタッフの話を聞くとそうでもない場合が多いようで。正社員の立場にプライドを持つより、篠原涼子演ずる大前春子のよーに仕事にプロ意識を持つことのほうがずっと重要なのですが。

誕生日を迎えた受付嬢に塩梅で昼ごはんをご馳走しながら、溜まったストレスの種を聞く。。。彼女は正規職員ではないので、正社員だと言うだけで「偉い」と思っているバカ社員に苦しめられることが多いのです。。。話を聞いていて一緒に腹が立つけれども何もしてやれることはないので、優しすぎる受付嬢が大前春子の強さを少しでも身に着けてくれたら、と思うのであります。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ