二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2006年11月

第461回「落語研究会」

最近、寄席よりも優先しなきゃいけないことが多く、ひと月ぶりの落語会。

 「狸の鯉」 古今亭菊朗
 「猫の皿」 三遊亭好太郎
 「猿後家」 立川志の輔
 「鈴ヶ森」 柳家喜多八
 「鼠穴」  入船亭扇遊

志の輔師の人気のせいか、当日券も完売。常連席も欠席が少なくて。
大好きな扇遊師匠がトリなのに、昼間の出来事が重くのしかかり
鉛を呑んだような気分で集中できなかった。。。

おとなになって気持ちの切替もだいぶ上手くなったけれども
ヘビーなものはやっぱり簡単に、と言うわけにはいきません。。。

みーたんチェック

ちゃんと定位置から離れていないかどうかチェックに行くと、
まるで何事もなかったかのように寝そべるみーたん。
img20061202.jpg

!!!首輪してます。

鈴のついた真新しい首輪。

心配していた人はワタシだけでなく大勢いたのでしょう。

少しスリムになったので、手足が長く見えたりして。

やっと救出

普段はほとんど残業のない、5時から人間のあたくしにとっては有難い職場にいても、たまには忙しいときも。。。明日あさっては残業できないからと遅くまで頑張り、やっと駅まで辿りついたところコンビニの袋を持った人たちに物乞いする猫をimg20061202.jpg発見。嫌がられ追い払われてもしつこいこと。おぉ、失踪中のみーたんではないの!ずいぶんと痩せて、お腹の白い部分が見えなくなってしまったので、別猫のようですわ。
抱っこして連れ戻すのは無理と分かったので、いつか遭った時の為にと準備しておいた餌の袋を出し、みーたんを駅前から連れ出す。お腹ぺこりんこのみーたんは餌に飛び掛ろうと走ってくるのだけど、傍を通る電車の音にビックリしてなかなか前に進まない。やっと駅から離れて明治通り脇を通ると、今度は車の音にビックリ。どうして駅前まで行ってしまったかは分からないけど、公園に戻れなくなってしまったのは間違いないみたい。
道行く人に怪しげにじろじろ見られながら、やっと公園の定位置まで連れ戻し餌をやる。危ないから、もう公園から出ちゃだめだぞ。

のだめ

土日が休日のワタシにとって、金曜の夜は何ともいえない幸せな時間。
あまりに大好きな曜日なので「毎日が金曜日ならいいのに」と口走り
「それなら一生土日は来ないよ」と突っ込まれた経験もあり。。。

そんなワタシが最近待ち遠しいのは月曜日。面白いとウワサは聞いていた
ものの、TBSでボツになり、やっとドラマになった「のだめカンタービレ」。
ドラマとしても面白いけど、舞台となっている音大のキャンパスに
懐かしさを覚え、とっ散らかったのだめの部屋が他人事とは思えず。

人気漫画がドラマ化されると、原作と違うとブーイングが多かったり
しますが、これは意外なことに真面目なクラシックファンからあるそうで。

おかんにも薦めておいたところ、年寄りなので最初はテンポについて
いけなかったようですがすぐにハマってしまい、Dr.コトーとのだめが
愉しみなのだそう。親子の会話も弾んでよいことです。

ちなみに、のだめカンタービレキャラクターチェック・改(心理テスト)
を試してみたところ、【カプリチオーソ・のだめ】だそーで。
ま、部屋を汚す才能(?)だけは似てますね。

ピアノ到着

img20061129.jpg
待ちに待ったピアノが来ました~。
リビングに置くには圧迫感があり過ぎ、全面床暖房になっていることもあって、無理やり狭い寝室に入れちゃいました。ベッドと防音ボックスで部屋はぎゅうぎゅう、通り道も無くなってしまいましたが猫はベッド下の隙間を自由自在に通りぬけているし、ワタシ一人が不便なだけなので、問題なし。

まだ調律していないので音はだいぶ狂っていますが、人工象牙の鍵盤はなかなか触り心地が良く、なんともいえない良い気分。大して弾けもしないのに贅沢するのはどうかなとも思ったけれど、YUS5に決めて、やっぱり良かった。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ