二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

2006年08月

第458回「落語研究会」

 「武助馬」 春風亭朝之輔
 「短命」 三遊亭圓馬
 「牡丹灯籠よりお札はがし」 柳家喬太郎
 「目黒の秋刀魚」 春風亭正朝
 「鰻の幇間」  柳家權太樓

月に一度の愉しみ、TBSの落語研究会。
そしてもう一つの愉しみ「おかめ」のおはぎを
一心不乱に食べていると、ビーサン姿の
文春のずんずんホリイさんを発見。
いつもお忙しいようで、今日も出たり入ったり。
「目黒の秋刀魚」を聞いていると無性に食べたくなりますね。
鰻でもいいかな。噺のほうは不味い鰻ですが。

ネクタリンジャム

s-08301.jpg
普段ジャムはあまり食べないのですが、梅干しの時に作った梅ジャムが感動的な美味しさだったので、それからちょこちょこと。独りものなので果物は1個ずつ買うのですが、ネクタリンは5個パックでしかもどれも食べ頃。ネクタリンのジャムは珍しくて、沢屋さんにあるくらい。食べたことがなかったので、思い切って全部ジャムに。
残念ながら、酸味が足りずいまひとつ。。。ネクタリンはともかく、最近の果物はどれも甘くし過ぎでは?適度な酸味がないと・・・と思うワタシは少数派なのでしょうね。

五六あわせ

sq-0829.jpg
今年最後の五六あわせは、黒蜜。たねやさんの秋のお菓子も気になるところ。重陽の節供のお菓子「着世綿」が食べてみたいけれど、たったの25個しか作らないとのことですから無理でしょうねー。

虎屋ういろ

【小倉ういろ・宇治金時ういろ/虎屋ういろimg20060830.jpg
一度だけ、ういろうを作ってみたことがあります。これが難しくって一度で挫折。
ういろうの原料は、米粉やわらび粉、小麦粉と地域によって違うようですが、虎屋のものは小麦粉。これがムチムチした食感で美味しいのです。小麦粉を発酵させて作る久寿餅に近いかも。もっとむっちりさせた感じ。定番の小倉に、夏限定の宇治金時。甘さ控えめなので、ふた切れくらいはペロッと。秋の栗きんとんが待ち遠しい。

ローストビーフ丼

img20060827.jpg昨日はNお宅へ遊びに行き、図々しくご両親&おばあちゃまと一緒にご飯をいただき、ローストビーフのお土産まで持たせて貰っちゃった。ここのおうちはグルメなので、いつ行ってもご馳走があるのです。ワタシはいつも新作(?)の味見を押し付けるだけなのですが。昨日は勿論、たい焼きの味見を。感想はまだ。。。
頂いたローストビーフは、もみ海苔と炒り卵を敷き丼に。肉より魚好きですが、さっぱりしていてペロッと平らげちゃうのであります。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ