二流の愉しみ

美しく気品あふれるシルバーペルシャとの優雅には程遠い同居生活

糖化測定

改めてファンケル銀座スクエアに行き、糖化測定してもらいました。

恐ろしいことに、 54歳という結果が!!
 
54歳の健康な人の平均値ということです。

私の現在の状況は健康ゾーンではなく、注意ゾーン。
しかも、かなりレッドゾーンに近い注意ゾーン。

そして、このまま改善しないでいると、69歳にはレッドゾーンに入ることに。。。

つまり、病気になるということです!!

この夏から、糖質を減らして改善しているのですが、
長年の蓄積がこの恐ろしい結果を生み出しているのでしょう。

母がお菓子やパンをよく焼いていたので、
子供の頃からAGEsの多い食べ物をとっていたし、
炭水化物も大好きだから食後血糖値も高かっただろうし、
運動も大嫌いだし、今思えばAGEsを作りやすく、溜めやすい生活だったのですよね。。。

糖化は美容の問題だけでなく、認知症やがん、骨質の低下、 などなど
様々な健康上の問題を引き起こす可能性が高くなるのです。

ただ今、この2冊で勉強中です。



 

 

特別展「井戸茶碗」@根津美術館

同僚が陶磁器に詳しい人なので、一緒に根津美術館へ。
img_exhibition_ido

解説付きで見られるなんて、贅沢です。

自分一人で行っても、よくわからないのですよね。
ちゃんと予習すればいいのだけど。 

井戸茶碗唯一の国宝、喜左衛門も展示されていましたが。。。
国宝指定されても、実際に使ったりするのでしょうか??
それとも使用禁止なのかしら。
 

クリスマスブッフェ@ウェスティン テラス

仲の良い同僚が結婚したので、お祝い。

ウェスティンのクリスマスブッフェは初めて。

s-001

とうとう、ウェスティンでも9分割のお皿が!
s-002
 お料理の味が混ざらないように、ということなのでしょうが、
使いにくいです。はみ出しちゃうし。

クリスマスだから、ターキー
s-003
 

s-007
ラムが美味しかったですね~

s-008
 デザートは、何を食べても美味しい!
シュトーレンとクリスマスプディングはお代わりしちゃった。

途中でサンタが現れて、記念撮影したり。

前もってお願いしておいたデザートプレート
BlogPaint
 
 

糖化チェックのはずが

久しぶりに妹とランチ。

タイ料理が食べたいというので、丸ビルのマンゴツリーへ。

マンゴツリーも久しぶり。
s-008


オープンして間もない頃に来たけれど、その時のほうが
品数豊富だった気がする。。。

s-009

腹ごしらえの後は、ファンケル銀座スクエアへ。

本当は糖化チェックしてもらうはずが、妹が予約を間違えたので
3D全顔チェックコースというのを受けることに。

皮膚内部構造カメラで肌の奥まで見ることができるのです。。。
ああ、恐ろしい。メラニン、いっぱいでした。



「舟木本洛中洛外図-浮世絵は京都で生まれた」@東京国立博物館

トーハクへ。京都展の記念講演会です。
東大の佐藤康宏先生が講師。
あまりの人気で、抽選の倍率が凄かったそう。

洛中洛外図屏風の舟木本に描かれている人の視線を中心に、お話されました。
見る存在、見られる存在。
面白かったです。

京都展は入場制限していたので諦め、本館へ。

和歌山・道成寺の毘沙門天
s-110 (1)
平安時代、9世紀のものです。

どうしても、獅噛が気になってしまう。
s-110 (13)


s-110 (14)


s-110 (15)
 

特別展「東大寺 ~鎌倉再建と華厳興隆~」@金沢文庫

久しぶりに金沢文庫へ。
004

気になる展示が多いのだけど、遠いのでなかなか行けず。

今回は、東大寺戒壇院千手堂の四天王像を見たくて。
この四天王は年に一度だとかの定期的な公開もないので、
滅多に見られる機会がないのです。
2010年にトーハクで行われた東大寺大仏展でも、展示されていなかったはず。

9月に奈良博で見た海住山寺の四天王像と同じく大仏殿様のお像なのですが、
同じように小さくもありました。ただ、こちらは獅噛がたくさんついていて。
姿形もヴァリエーションに富んでいて、見ていて飽きませんでした。


帰りは、称名寺を通り抜けて。
006
 

「魅惑の清朝陶磁」@京都国立博物館

最後は、京都国立博物館へ。金曜は、夜8時まで開館しています。
s-162

この建物は、片山東熊が設計。
奈良博もそうだし、トーハクの表慶館もそう。

確かに雰囲気が似てます。

京都国立博物館
s-158

奈良博
NARA



これにて今回の旅もおしまい。 

三門2つも上り下りしたものだから、足にきました。
 
怖いけど、また上りたいな。。。でも、やっぱりコワイ。 

三十三間堂

三十三間堂に滑り込み。
s-154

s-155
二十八部衆を中心に見てしまいました。 

三門@知恩院

続いて知恩院へ。

s-137

三門
s-138

ここの三門も特別公開です。こちらは日本最大。 

ここまできたら、やっぱり昇らなくては。
今度は、階段がむき出してはなく、内部にありました。
とは言っても急こう配で、やっぱり怖かったけど。

東福寺は内部のみ撮影禁止だったけど、 知恩院は全てダメ。
というわけで、残念ながら山門からの写真はありません。
足はがくがく、心臓はバクバク。見た景色も覚えてない。。。

内部も、東福寺と違って厳重に黒布で入口を覆っていることからも
窺えるように、 厳しく管理されているようで、彩色が綺麗に残っていました。
柱の上部にはキールティムカ、壁にはマカラがいた。

s-141

s-144


s-147


s-149


s-150


 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ